無料保険相談は保険に詳しくない人におすすめ!

一時期、様々なところで現金・キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。

特にスマートフォンの勧誘では額が大きすぎて本体の金額よりもキャッシュバックされる額の方が大きいようなことすらありました。

保険無料相談サービスでも商品券プレゼントを相談者特典で行なっていました。

そういったキャンペーンを見なくなりました。

それもそのはず、総務省や金融庁が発表した指針で高額キャッシュバックや高額なギフト券などをプレゼントするプレゼントするのを禁止としたからです。

そのため、相談者特典の内容をお米や牛肉、タオルなどの景品プレゼントに変えているサービスもあります。

キャンペーン目的で保険無料相談サービスに申し込みをしたけれどなかなか面談のセッティングができないという人がいるそうですその理由として中小の仲介業者の場合、FPの登録者数が大手サービスと比べて登録者数が少ないためです。

無料で相談を行なえる理由はFPの提案した保険に加入をしてくれるからです。

そのため、契約の可能性が低いと判断された案件は利益が出ないので後回しにされてしまうという仕組みになっています。

すぐに相談をしてもらいたい方は、FPの登録者数の多い大手の仲介業者を利用するか、駅前などにある保険ショップの利用をお考えください。

皆さんは買い物に行って必要ないものを勧められて買ってしまったというような必要ないのに契約させられたというトラブルがありましたね。

中には、生命保険の勧誘時に虚偽説明や説明不足な状態で不適当な保障を付帯させられたという人もいるそうです。

他には、保険金を請求したら数十年前の通院歴の告知義務違反で保険料がもらえなかったという人もいるそうです。

そんな時にどこに相談したらいいのかわからないですよね。

保険は人生の中で家の次に高価な買い物と言われるくらいで生命保険トラブルを専門にしている弁護士もいます。

こういったトラブルがあった時には弁護士を頼ってみてください。

CMを見て保険無料相談を頼んだけれど、いまいちこちらの要望を聞いてくれないという話を聞きます。

では、有料の保険相談を活用してみるのはどうでしょう。

有料相談の値段相場を調べてみたところ大体5000から20000円くらいと出てきました。

有料相談のメリットとしては、現在の保険の確認だけでも気持ち的に頼みやすいことや実績のあるFP、優秀なFPなど平均レベルが高いことが多い点です。

そのため、相談者の立場で公平中立なアドバイスをしてくれます。

また、有料相談を行なっているサービスでは、独自の認定基準を設定しています。

「相談に満足しなかった場合は、相談料を返す」という点もその基準への自信の表れでしょうか。

もしどうしても無料相談で済ませたいと言う場合は、信頼できる担当者に当たるまで相談を繰り返してください。

毎月の出費をどうにか節約したい、というのは将来のことを考えると感じていると思います。

保険料金を見直して低くできるかもしれません。

最近、テレビなどのメディアで耳にする保険無料相談を利用してみるのはどうでしょうか?でも、いざ利用しようと思っても保険の知識がなくても大丈夫なの?相談に行ったら必ず保険を契約しなきゃいけないみたいで行きにくい。

という気持ちも出てきてしまいますよね。

安心してください、知識がなくても今、契約中の保険の切り替えをしない方も見直しをしてもらえます。

その場合は、現在加入中の保険証券などを持っていくとよりどう行った状況かわかりやすくなります。

将来のことを見据えて保険の加入を考えている方、保険の加入を考えているなら相談サービスを選びましょう。

選び方は近所にあるからというのもいいのですが中には、黒毛和牛肉やお米をプレゼントしているサービスもあるんです。

流れとしては、webサイトの予約フォームから相談日を決めて、現在の保険内容の確認や保険無料相談後にアンケートへ回答するともらえるそうです。

でも、無料で商品プレゼントを行っているサービスって強制的・強引な勧誘をしていそうという気持ちもわかります。

でも安心してください、最近のFP紹介サービスでは、評判の悪いFPに対して登録解除を行うサービスもあるほど評判を気にしています。

保険は人生の中でも特に重要な部分を占める出費ですから、内容などの見直しをするときには気を付けなければいけません。

万が一のトラブルを予想したり調べたりして、対応できるようにしておきましょう。

特に無理な勧誘に合った場合どうすれば良いか心配な人は多いと思います。

不安をあおって急かしたり、必要かもわからないメリットを強調されたりして理解しきれないまま話を進められるというパターンです。

希望や要望はきちんと伝えておき何なら少し考える時間をとりましょう。

普通なら担当FPさんを交代することも可能なので、調べておきましょう。

人生においても重要なポイントですからはっきりとした態度を示しましょう。

人生の中でももっとも高い買い物の部類に入る「保険」。

選ぶ際には、絶対に失敗したくないですよね。

そんなときに便利なのが、保険無料相談でしょう。

身近に店舗がある場合、訪問してくれる場合といろいろありますが、そんな中で特典がもらえるところもあったりします。

多くは商品券のようですが、ほかにも図書券や現金というところもあるようです。

金額は数千円のようですが、数社からもらえたら一万円以上にはなると思います。

不安を解消してもらえるうえにプレゼントまでもらえるなんて、話がうますぎるくらいです。

最近いろいろなところで目にする、耳にする保険無料相談サービスですが、本当に無料なの?といった疑問やなぜ無料でできるのかをご説明いたします。

その理由は各保険会社から契約成立時に手数料が収益として成り立っているからです。

つまり、相談サービスを行なっている会社としては、勧めた保険に切り替えてもらうことで収入になります。

そのため、特に評判を気にしている業界となり「相談に行ったら勧誘がしつこそう」といったといった心配事はなく現在の保険内容の確認だけの利用も大丈夫です。

ネットで少し調べればわかるように、世の中には多くの保険無料相談会社があります。

中にはより多くの顧客獲得を狙ってキャンペーンを実施している場合もあります。

その中身はどういったものなのでしょうか。

多くが商品券やギフト券がもらえるといったものでした。

もらえる金額はどれほどのものになるかというと、数千円ほどのところが多いようです。

いろいろな比較をするためにも数社に依頼することもあるでしょうが、こういったことも会社を選ぶポイントにすれば多少面倒があったとしても我慢できそうです。

皆さんの周りの人で、人から何かを勧められると断りづらいと感じてしまう人はいませんか。

そういう方の中には、保険無料相談をして新しい保険を勧められ、断りきれず勧められるままに契約してしまう。

その結果、自分に合わない保障内容になっているなど色々なトラブルの報告がされています。

なので、ここでは断り方、信頼できる担当者探しのポイントについて書こうと思います。

見分け方の1例としては相談時に「検討させてください」、「念のため、他のFPにも相談したい」のどちらかを言えば問題ないです。

保険は一生のうち、家の次に高い買い物と言われており、本当にお客様目線に立って案内しているFPなら引き止めません。

もし強引に引き止めてくるようなら信頼できないFPと言えます。

今、巷で話題の保険無料相談。

専門的な知識を持った人に話を聞いてもらえるというのに、お金を払わなくて良いとは太っ腹ですよね。

一体どういった仕組みで運営されているのか、少し調べてみました。

ざっくり言ってしまえば大本のお金を支払っているのは保険会社で、契約ができたときにはじめて支払われるシステムなんだとか。

つまり我々と直接関わり合いになるFPさんにとっては契約まで至らなければくたびれ損ではあるのですが、個人で動くより契約の機会は増えるので、利害関係が一致しているということですね。

貯金をしたいと考えて家計簿をつけてみたら貯金する余裕がなかったという方はどの支出を節約しましょうか。

まず思いつくのが食費ですがお子さんのいる家庭の場合ではできることならそのままにしたいですよね。

そうするとすぐに思いつくのは、毎月支払っている携帯電話料金です。

格安SIMに変更することで月額を抑えるという方法です。

携帯料金を節約しても家計がギリギリなら保険料の見直しをしてはどうでしょう。

保険無料相談サービスを利用した人の感想を見ると現在の保障内容をライフプランなど様々な角度から見て提案してくれたそうです。

そのブログ主の方は担当者さんの対応が親切丁寧で信頼できたそうなので皆さんも信頼できるような担当者に当たるまで相談するのもいいかもです。

保険相談をするには来店タイプと訪問タイプとがありますが、特に訪問タイプの方ではFPさんを選ぶことができないので、提案に納得できず話し合いが残念な結果に終わることもあるようです。

こちらの質問に満足な回答を得られないまま、流されてしまうこともあるかもしれません。

高圧的な物言いなどで断りにくいように話の方向を持っていくような人では、長く付き合っていくのも難しいでしょうから大事なことをお任せするのは考えものです。

できるだけ失敗を避ける方法としては、下準備をして信頼できる人に同席してもらうと良いでしょう。

ネットで検索してみると、たくさんの保険無料相談会社のクチコミがあります。

ということはつまりたくさんの人が興味や関心を持っていて、それについて専門家に話してみたいと思っているということなのでしょう。

また同じだけ面談自体に不安を感じているのだと思います。

特に訪問型の面談は気になる点が多いかと思いますが、重点的に見るべきなのはFPさんの知識量や提案力について、そしてこちらの理想や希望を聞く姿勢でしょう。

面談する会社を探すときは、どんなFPさんだったのかを詳しく調べてみると良いでしょう。

参考:無料保険相談騙される?怖いし不安!【無知な素人が行っても大丈夫?】

毎月の出費をどうにか低くしたい、というのは将来のことを考えると感じていると思います。

保険料金を見直して低くできるかもしれません。

最近、テレビなどのメディアで耳にする保険無料相談を利用してみるのはどうでしょうか?でも、保険の知識がなくても利用して大丈夫なの?相談に行ったら必ず新しい契約をしなきゃいけないみたいで行きにくい。

というイメージを持ってしまう方もいるのではないでしょうか。

安心してください、知識がなくても今、契約中の保障内容の確認だけでもOKです。

相談する場合は、現在加入中の保険証券などを持っていくとよりどう行った状況かわかりやすくなります。

家計がギリギリ、でも貯金はしたい!という方はどの部分から毎月の支出を減らしましょうか。

最初に思いつくのが食費ですが子供のことを考えると食費はできればそのままにしたいですよね。

そうするとすぐに思いつくのは、携帯電話料金です。

ついつい課金をしてしまっているのを減らしたり格安SIMに切り替えをするという方法です。

その両方を削りたくないなら保険料の見直しをしてはどうでしょう。

保険無料相談サービスを利用した人のブログを見ると現在の保障内容を将来の希望など様々な角度から見て提案してくれたそうです。

相談者の多くは信頼できる担当者の提案だから安心できたという方が多いので皆さんも信頼できる方が担当者になるまで様々なサービスを利用するのも良さそうです。

皆さんは自分の加入している保険の内容ってしっかり把握していますか?少しでもわからない保障があれば確認しておいた方がいいです。

その際、便利なのが保険無料相談サービスです。

例えば、病院で手術をした時に現在の保障ではいくら受け取れるかや事故による怪我のための保障など、日常的に使わないので保障内容を忘れていることもあります。

そこでFPに相談を行うことで現在の保障内容が希望に合っているかを確認しましょう。

相談した結果、ほとんど同じ内容なのに月額を節約できたという報告も多いです。

無料で保険の話し合いができる機会を得ることができたなら、その時間をできる限り有効活用したいものです。

見直しに関して注意しておくと良いのは、現在の保証内容と一ヶ月の支払額は妥当なのか?自分のライフスタイルに合った保険なのか?ということです。

実際の面談までに自身のライフスタイルについて考え、健康診断などを受けたならその結果も準備しておきましょう。

するとより具体的で生活に合ったプランをたててもらいやすくなります。

またどこの会社に面談を依頼するかということも重要なので、そちらも慎重に選びましょう。

「保険業法」では保険の勧誘や販売についていろいろな規制をかけています。

「保険会社向けの総合的な監督指針」を保険業法第300条に対して策定しています。

そのため相談者特典として行われていた換金性の高いギフト券やポイント、マイルなどをプレゼントしてはいけないのです。

では、お米や牛肉など換金性の低いものをプレゼントしている場合はどうなのでしょうか。

実は、前述の「監督指針」には商品プレゼントについては具体例が記載されておらず、慶弔関係や新年の挨拶などで行われるカレンダーの配布などは保険業法の禁止事項には当てはまらないとしています。

しかし、商品プレゼントが一般的な儀礼の金額を超える場合は「特別利益」に当たるとされ、「完全にシロ」ともハッキリしていない状態にあると言えそうです。

自宅で保険の面談をした際に不安なことに、不十分な提案だからときちんと断れるのか?という点があると思います。

普通の会社なら強引なセールスは厳禁ですし、担当者と合わなければ違う人にかえてもらえたりといったサポートが用意されているところがほとんどです。

一回話し合いをしただけで全て決めることにはまずならないそうですから、はじめに相談だけのつもりでいることをはっきり示しておくことも大切です。

自分の実力に自信を持ったFPさんであればむしろ他の提案と比較してもらった方が良いので、大丈夫でしょう。

保険の専門家に相談をする人がどれほどいるかご存知でしょうか。

とあるサイトで見てみると一年間に十万を超える人に利用されている会社もあるそうです。

それほど多くの人が興味を持っており、また仕組みをきっちり理解するにはプロの話を聞く必要があるということの表れかもしれません。

会社ごとの評判を調べてみますと、来店タイプとしてほけんの窓口、訪問タイプとして保険マンモスの会社名をよく目にします。

それらの会社はFPさんの質に絶対の自信を持っているうえに、面談までの手軽さが選ばれる理由のようです。

いわゆる保険の見直しといえば店舗へ足を運んだりFPさんに訪問してもらったりと直接面談するのが普通かと思いますが、中にはより手軽に電話での話合を受け付けているところもあるのだとか。

流れをたどってみますと、フリーダイヤルやネットから電話をかけてもらう時間の予約をし、その後にすることと言えばあとは連絡を待つだけ。

もちろん0円でできます。

これならプランに納得がいかなければ切れば良いだけなので、直接顔を合わせるよりも話しやすい人も多いかもしれませんね。

ネット等から評判を集めるのも、良い保険無料相談会社の選び方のひとつです。

それぞれどんなFPさんにどんなプランを提案してもらえたのか、詳しく調べてみましょう。

きちんとしたFPさんは、商品の偏りがないとのこと。

またリサーチもしっかり丁寧にしてくれるため、それぞれの生活に無理なくなじむ提案である上に、それ以上の思いがけない提案に驚きながら納得するなんてこともあるとか。

FPさんが良いかどうかが会社選びの最重要ポイントですから、いろいろな会社の人と面談をしてみることによって、実力を比較検討してみると失敗が少ないでしょう。

皆さんは買い物に行って強引に何かを買わされたというようなトラブルの経験や話を聞いたことはありますか。

中には、生命保険の勧誘時に虚偽説明や説明不足な状態で条件に合わない保険に加入させられたという人もいるそうです。

他には、保険金を請求したら子供の頃の治療歴を告知されていないとして義務違反で保険料がもらえなかったという人もいるそうです。

そんな時にどうしたらいいのか知識がないとわからないですよね。

保険は家の次に高価な買い物と言われるくらいで生命保険トラブル専門の弁護士もいるようです。

こういったトラブルがあった時には弁護士に相談してみるのが良さそうです。

人生で2番目に高い買い物を知っていますか?そう、保険です。

そう考えると、やはり慎重に選びたいですよね。

不安なら、無料でできる相談会社を利用してみてはいかがでしょう。

身近に店舗がある場合、訪問してくれる場合といろいろありますが、中には面談やアンケートで特典が付くところも。

商品券をもらえるところが多く、中には現金でもらえるところもあるそうです。

一万円に満たない額がほとんどですが、数社合わせれば一万円以上になるでしょう。

プロに話を聞ける上にプレゼントまであるなんて、嘘みたいにお得なお話ですよね。

保険相談をするには来店タイプと訪問タイプとがありますが、後者では担当FPさんをこちらから選べないので、実力に納得がいかなかったり相性が悪かったりする場合もあるようです。

こちらの質問に満足な回答を得られないまま、流されてしまうこともあるかもしれません。

「確実に損をしますよ」等不安をあおるなど断りにくくするような手法をとる人がいるところでは、満足なアフターケアも期待できないので大事なことをお任せするのは考えものです。

そういった失敗をしないために自分でも知識を身に着けて、家族や親せき、などに同席してもらいましょう。

世間に多々ある保険無料相談会社ですが、それらを比較検討するため情報をピックアップしているサイトがあります。

その中で特に見るべき点としては、面談までのやり取りが簡単にできるかどうか、また取り扱いが可能な商品の豊富さ、なんといっても重要なのはFPさんについての評判です。

障害において家の次に高価な買い物とまで言われていますから、満足のいく結果が出るまでじっくり検討を繰り返しながら、信頼のおける素敵なFPさんと一緒に今後のことを考えていけると良いですね。

たくさんの保険相談請負会社がある中でどこに決めたら良いか判断に迷うときもあるでしょう。

ぜひこういうところを選んでほしい!という重要なポイントをいくつか挙げてみようと思います。

一番知っておきたいのは、どれだけ能力の高いFPさんがいるかです。

それから現実に万が一トラブルになった場合にフォローする仕組みがきちんとあるところが良いと思います。

加えて多くの商品を取り扱っているところは細かな要望に応えやすくなる可能性が高いです。

アフターフォローの詳細も忘れずに確認しましょう。

保険を考える時期といわれる人生におけるイベントがあります。

一例としては、結婚したときや子供が生まれたときなどです。

でも、全く知識がないと何を基準にして選べばいいかわからないですよね。

そんな時は、保険無料相談サービスを利用してみましょう。

現在、保険に入っている人でも年収や支出などが加入当時と比べて変わっていると思います。

なので、無料相談で今の生活状況や将来の希望に合っているか、いざという時にきちんと守ってくれるかを改めて確認しましょう。

その結果、内容がほとんど同じなのに保険料が約1/3になったという話もあります。

相談だけでもOKなので気楽に利用してみてください。