パートに行くにも車が壊れてどうしょうもない。どうする?

車が欲しいと思っても購入資金が足りないときに利用するマイカーローンですが、その制度についてよく内容を知っているという方は多くないのではないでしょうか。

マイカーローンはその名の通り、車を買うという用途だけにしか使えないローンです。

提供する会社によってはオートローン・マイカーローンとも呼ばれます。

どの会社のローンを利用するかによって金利や審査基準が変わってきます。

ローンに申し込んで審査を受ける際に重視されるのが過去のクレジットヒストリーに問題がないかで判断されると言われています。

若い人に多くなってきている例としては、携帯料金や公共料金の払い忘れです。

滞納をしてしまうと信用情報にキズがつき審査に不利になります。

車を買う際に組むマイカーローンですが多くの車ショップやディーラーで扱っているローンでは頭金の必要はないですが稀に、支払いが必要な場合があるそうです。

その額の相場としては、買う車の価格の1割くらいが平均になっています。

ただ、頭金を払わないよりも払ったほうが審査に有利なのも事実です。

平均10万円前後と書きましたが払わない・払えない場合にローン会社から見ると「これくらいの金額が払えないの?」と資金力に疑問を持たれる可能性もあります。

貸し倒れを減らしたいので、頭金を少しでも入れておくと計画性を持って返済も大丈夫そうだと判断されやすくなります。

最初に少しでも払って入れば月々の支払額を下げたり支払い期間を減らせるのでなるべく用意しましょう。

ローン審査について調べていると審査に落ちたという話を聞きます。

審査に落ちてしまうのはどうしてでしょうか。

その理由として挙げられるのはいくつかあります。

まず、1番に考えられるのがフリーターやバイトなど収入が安定していない人が高額なローンを組むと返済できなくなることがあるためです。

他にありがちなのがクレジットカードや携帯料金などで滞納などトラブルがあった場合にも審査に落ちることがあります。

基本的にローン審査の際は信用情報を確認しており、過去のクレジットやローンの契約内容を見て判断します。

これは、マイカーローンやマイカーローンなどの専門ローンでも同じです。

高校生から専門学生になると大きく変わることがあります。

一例としては、車の免許が取れるようになることです。

車の免許を取っても本体は高い買い物です。

現金一括払いで買うという人はほとんどおらずマイカーローンなどのローンを組むと思います。

学生でもローンを組めるの?という質問をよく聞きます。

大手の業者さんなら基本的にオートローンを組むことはできます。

その際、未成年の方は親の承諾書の提出が必須条件となります成人していてもアルバイトなどで毎月安定した収入がないと審査に落ちます。

現在失業中場などで収入がない場合はアルバイト探しなど継続した収入のある生活を始める必要があります。

車は自動車に比べると安いイメージを持っている方もいますが最新の車種などは100万円を超えることもあります。

また、中古価格は車よりも下がりにくいというのも車を購入するためのハードルになっています。

そんな時に使うのがマイカーローンです。

特にクレジットカードで有名なジャックスのローンはほとんどの車ショップやディーラーが取扱いをしています。

マイカーローンは一般的に2種類あり、車メーカー独自のローンではそのメーカーの新車のみにしか適用できないなど制約があります。

ジャックスのローンは新車中古関係なく利用することができます。

高価な買い物と聞いて皆さんは何を思い浮かべますか?多くの人は、家や車を思うのではないでしょうか。

こういった高価な買い物をするときに活用するのがこういったときに利用するのが銀行などが扱っているローンです。

銀行のローンを利用する場合、マイカーローンという名称のものはなくほとんどの場合、マイカーローンを利用することが多くなります。

ローンを組むことのメリットとして数十万、数百万円貯めている時間を貯めている時間も車に乗っていられる時間に変わります。

また、ローンのメリットとしては急な手術や事故などのまとまったお金が必要になるときに備えて残しておくことができます。

家を建てる際にローンを組むように、車を買う際もローンを組むことが多いです。

実際、サイズが小さな中古車なら、一括で支払う人もいますが大きな車や新車を買う際はほとんどの人がマイカーローンを使います。

引用元:パートでも借りれるマイカーローンは?主婦でも組める【限度額いくら?】

ローンの制度上、長期間の返済にすればするほど金利分損します。

では、賢くローンを利用する方法はあるのでしょうか。

ローンの中にはボーナス払いが選択できるものもあります。

会社員として働いている場合、毎年6月と12月のボーナスで多めに返済するという方法です。

ただ、ボーナスが支給されない会社、低い会社に勤めている場合は避けたほうが良いでしょう。

他にも頭金を少額でも入れることでローンの利用総額を抑える方法もあります。

月々の支払額が下がる他に、審査に有利にもなると言われています。

手軽で小回りが利き、車に比べて重量税などが低い車は、若者のライフスタイルに活かしやすく、購入を検討している人も少なくないでしょう。

購入資金が足りない時に便利なマイカーローンですが、非正規雇用のアルバイトでも使うことはできるのでしょうか。

結果から言うとアルバイトでも使えます。

審査では、雇用状態が正規非正規かよりも安定収入があるかを重視するため、アルバイトでも返済できると判断されるくらい稼げていれば融資してもらえる確率は高いです。

主な注意点としては、未成年の場合は親の承諾が必要なことと用途が明確にされた専門ローンなので通常のカードローンよりも審査が厳しいことです。

場合によってはカードローンの利用も視野に入れておきましょう。

車を買う際にローンを組む方は多いと思います。

その際、気になるのが利子と支払い回数ですよね。

車ショップで取り扱っているマイカーローンの大半は返済回数が最大60回までに設定されています。

ただ、60回(5年間)の分割と言われてもどうなるかあまり想像できない方も多いのではないでしょうか。

例えば、120万円の車を買う場合月々の支払いは2万円になります。

そこに利子が+されます。

毎月2万円くらいなら支払っていけそうな感じがしませんか?このように支払い回数や頭金を利用して憧れの車を手に入れましょう。

一般的に車は車ほど高くありませんが現金一括で買える人は少ないですよね。

でも、やっぱり車は欲しい!というときに利用するのが金融機関などが行っているマイカーローンです。

大まかに分類すると銀行機関によるマイカーローン、ホンダなどの専門ディーラーが行っているローン、車専門店による独自のローン、アコムなどの用途が自由なカードローンの4種類があります。

金利が付くからローンは嫌という人もいますが増えても数万円程度なのがほとんどです、ならば本来、貯金にかかる数ヶ月間という時間を車と過ごせる時間にしましょう。