住宅ローン借り換えの申し込みで気をつけることは?

この先、しばらく付き合っていく住宅ローンを申し込みたい方は支払い方法としてボーナス払いを選択する前に注意が必要です。

思いがけずお金が手に入った時にまとめて返せたら、毎月の返す金額が軽くなるというメリットもあります。

でも今は、賞与が出ない会社も増えていますし景気によって金額が変わることも有り得ます。

そのような事もあり賞与ありきで返済をしているという人は、意外にも半分以下であるというデータもあります。

それでもまとめて返済をしたいという方は、便利な繰上げ返済を利用してみると良いですね。

ゆくゆくは自分の両親と一緒に住みたいと考えている方に、この場を借りて新しい住宅ローン借り換えについてご説明致します。

一般的には、借入れをする場合の年齢制限があり年配の方であれば、普通は申請は出来ません。

しかし、親子リレー返済を利用した借入れであれば、80歳未満の方であれば心配なく申請可能です。

その秘訣は、親子二人が同時にお金を返すのではなく親が先に返して残りを後継者が返していくためです。

この為に通常のローンよりも長く借入れ出来るのです。

自分独りで抱え込まずに、こういう方法も考えてみて下さい。

将来、新築を希望しているが十分なお金を準備できないそういった方には、安い中古物件の住宅ローン借り換えはどうでしょう。

けれども、確認すべき注意事項がいくつかあります。

一つは返済期間が新築の場合と比べて短くなってしまう点です。

これは、ユーズドという面で耐久性が心配されるのもあり通常よりも10年ほど早めに求められるケースが多いです。

安く購入できるメリットはありますが、上手に選択しないと逆に毎月の負担が大きくなってしまう事もあります。

改装して綺麗にしたいという場合には、そのお金も合わせて総返済額がいくらいになるか、事前に確認しておきましょう。

いきなりですが皆さんは住宅ローン借り換えを行ったことがありますか?多くの人は経験していないと思います。

借り換えを行う際の流れを確認しましょう。

まず最初に行うのは、現在のローンを再確認です。

銀行機関の多くでHPに設置されている借り換えシミュレーションで毎月の支払い額や総額を確認してみましょう。

シミュレーションして借り換え用と思ったら次は銀行選びです。

金利だけでなく、手数料などの諸費用を見て自分に合ったローンを選びましょう。

条件に合うローンが見つかったら次は仮審査です。

複数の銀行から融資OKをもらったら最も条件のいい銀行を選びましょう。

今のローンよりも金利の低いローンを組む住宅ローン借り換えですが、借り換えに際して必要なものが多いです。

提出書類は大きく分けて3種類に分類されます。

1つ目は現在の本人確認書類などの自宅で保管しているもの、2つ目は役所や勤務先で取得できる所得証明などの書類、3つ目は不動産業者や法務局で取得できる登記簿などの書類になります。

勤務先で取得する書類に関しては比較的見慣れていると思いますが土地公図などは普段見慣れないのではないでしょうか。

ここに挙げたのは主な分類なので金融機関によっては別の書類が必要になることもあるのでよく確認しましょう。

住宅ローンを利用している際にメリットの大きい住宅ローン控除ですが住宅ローン借り換えを行った際には控除はどうなるのでしょうか。

住宅ローン控除とは10年間にわたって年末の住宅ローン残高の1%が所得税額から戻ってくる制度です。

借り換え時に控除のメリットをフルに受けられるようにすることが重要なポイントとファイナンシャルプランナーの方も言っています。

ローン控除をフルに受けるには、返済期間を10年以上にすることや金利1%未満なら繰上げ返済しないことなどがあります。

繰上げ返済をしない理由はローン控除では1%の所得税が還付されるのでこのように様々な制度を利用してお得にローン返済しましょう。

住宅ローンを選ぶ際に固定金利のフラット35を選択した方の多くに金利固定だから完済まで放置してもいいという認識を持っているようです。

実は借り換え融資プランができたので住宅ローン借り換えをフラット35からフラット35へ行うことができ、お得になるんです。

基本的には金利差が0.3%あればお得になります。

引用:住宅ローン借り換え注意することは?失敗しないコツ!【損しない方法?】

よく借り換えの例にされているのが固定金利から低金利な変動金利に換えるというケースです。

基本的には変動金利の方が1%から2%低く設定されているので一見お得に感じますが、借り換えメリットと同時に金利上昇リスクも出てきます。

しかし固定金利なら金利変動リスクの心配はありません。

今の借りているローンの金利よりも金利を低くするために行う住宅ローン借り換えですが、行う際には何点か注意点があります。

まず一つは借り換えを行うメリット・デメリットを十分に把握することです。

例えば、メリットとしては毎月の返済額を抑えられることなどが挙げられますがローンの借り換えとは現在とは違う別の金融機関で住宅ローンを組むことなのでローンの申し込み時に必要な諸費用を再度支払う必要が出てきます。

こういった面も含めて総合的に考える必要があります。

仮に、借り換えを行うのを決めた場合では、借り換え先を選ぶ際に、保証料がかからないローンなのか、繰上げ返済が簡単で無料かなどの基準から自分に合ったローン選びをする必要があります。

行うとほとんどの人が得すると言われる住宅ローン借り換えですが借り換えの手続きはいつから可能なのでしょうか。

最短はわからず半年からできる場合もあるようですが、例として、フラット35の借り換えを利用する際の条件では、申込日前日までの1年間返済を問題なく続けている方という項目があります。

他の銀行も同じくらいの審査基準と考えたほうが良いです。

また、住宅ローンの借り換えには手数料が必要になったり担保となる住宅が中古物件扱いになることから審査が通りにくい可能性はあります。

新規の借入時よりも今の金利が下がっていればメリットはありますが、最低でも1年間返済を続けた後に検討しましょう。

皆さんは住宅ローンを組んだ際に頭金を支払いましたか?頭金を用意しなかった人もいるかもしれませんがそうすると毎月の返済額が高くなります。

そういった悩みを解消するのに返済額を減らそうと住宅ローン借り換える方もいます。

稀に、「1度ローンを組めたから借り換えも大丈夫」と考えている人もたまにいますが場合によっては審査に落ちることもあります。

借り換え時の審査では、最初の審査の時よりも物件の担保評価額が下がってしまって予定していた金額で借入れできないことや住宅ローン以外に複数のローンを抱えていて落ちることがあります。

年収や職場が大きく変わっていなくてもこういった面で引っかかることがあります。

住宅ローンを組む際に必ず利用したい住宅ローン控除ですが実は住宅ローン借り換え後でも要件を満たしていれば利用できるんです。

しかし、この制度を適用させるには勤め先で年末調整をしている方でも、最寄りの税務署へ行って確定申告を行う必要があります。

その際、必要書類が多いので早くから準備を始めましょう。

借り換え後も控除を受けられる条件としては、当初の住宅ローン返済のためという要件と借り換え後の借入期間が10年以上に設定されているかという点です。

基本的に借り換えを行う理由としては借金を返すためではなく金利を見直すためなので状況が大きく変わっていなければ適用可能なことが多いです。

1度組んだ住宅ローンを他の住宅ローンに変更する住宅ローン借り換えですが最初の申し込みで組めたから借り換えも大丈夫と楽観的に捉えている人もいるようです。

しかし、借り換えの審査で落ちる場合もあるんです。

借り換え審査時に職場や年収が変わっていなければ審査に通ることの方が多いようですが転職して年収が下がっているなどといった場合は要注意です。

年収や職場が変わっていなくても最初の住宅ローンの申請時よりも物件の評価額が下がり予定していた金額で借り換えができない場合もあります。

他に注意するのは最初の申し込み後にカードローンなど別のローンが増えている場合です。

年収は変わっていないのに以前よりもローン返済額が増えていると審査で引っかかる可能性があります。

色々なローンを利用する際、必ず確認するのが金利です。

その際、特に悩むのが金利固定か変動かの選択はないでしょうか。

金利だけを気にすると変動の方が低くなっていることも多いです。

しかし、変動制では多くの期間で半年ごとに金利が変わり場合によっては、固定の時よりも高くなってしまうなど支払額が想定以上に上がる可能性があるなど計画が立てにくい面もあります。

住宅ローン借り換えを行う場合は多くの人は変動を選ぶようです。

固定の場合では、ローン期間中ずっと同じ支払額になるので返済計画を立てやすい、急激に金利が上がっても心配ないというメリットもあります。

他にその中間とも言える3年間、5年間などの固定期間選択制というものもあります。