オリックス銀行のおまとめローンが審査になってるって?

大手銀行やネットバンクなどからオリックス銀行おまとめローンが商品化され人気です。

普通のローンとの相違点は審査時間も短く、その日の内に借入も可能なので男女問わず、利用されている方が多いのが特徴です。

審査と聞くと気になるのが在籍確認だと思います。

確認しないおまとめローンもあるとの噂ですが事実上、銀行のほどんどが確認を取ります。

しかし、ローン審査のための...という事は一切言わず担当の人の苗字で電話をかけますから不信がられる心配はないでしょう。

急な出費に対応してくれるローンとして銀行おまとめローンという物がおすすめです。

このローンは一般的なローンとは少し違っていて審査時間も約30分程度で終わる事が多く最短でその日に現金を借入する事が出来るので女性、男性問わず、利用されている人が多いローンです。

けれども、借入時の金利が高金利な事もあるので返済をするには計画が必須です。

自分がいくら返済しなければいけないのか、知りたいようであれば返済シュミレーションで計算をしてから申し込みをすると良いでしょう。

1枚あれば何かと便利に使える銀行おまとめローン。

このカードを自分の物にするには、審査に通過する必要があります。

色々なローンと見比べてみると、比較的通りやすい。

という特徴がありますが「確実に」という事ではありません。

審査に通るには、これだけは必須!という条件がありそのうちの1つが収入に関する条件です。

安定した収入が無いのか?あるのか?という問題はお金を貸す側にとっては、一番大切な基準ですのでこの事は外せない基準と思っておいた方が良いです。

安定さえしてれば、アルバイトやパートの方でもOKです。

現金が足りないから引き出さなくては!と思ったとき口座にお金がない!そんな経験、ないでしょうか?そういう時にこそ便利に使えるのが銀行おまとめローンです。

こちらは審査時間も短く、保証人なども必要ないので誰でも手が出しやすいものとして人気です。

海外では現地通貨を引き出せる物もあるので旅行専用に作られる方もいらっしゃる様ですね。

支払はいつか?いくらか?ちゃんと管理をしておけば決して怖い事はなく、むしろとても便利に使える物ですので都合に合わせた、使いやすいカードを探してください。

複数の金融業者から借金をしていると引き落とし日を管理するだけでも一苦労ですね。

あちこちから借入れしている人は借りられる金額が低いために借入件数が増えたのだと思います。

借入限度額が高い人ほど金利が低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが有利になります。

反面、多くの金融機関で多重債務者は敬遠されがちですので全ての借金を完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

でも、おまとめローンなら多重債務者が有利になるための借り換え商品なのでまず、審査を受けることをおすすめします。

おまとめローンは多重債務者が借入先を整理するために新しい融資先を見つけて既存の借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというものは既存の金利よりも低金利のローンから借り入れて今までの借金を一括返済し、借金を一本化した状態で返済していくことになります。

これらは金融上の定義づけはとしては異なるのですが、厳密に区別されることはなくおまとめローンという商品名で提供していても、実態は借り換えローンという金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高いというデメリットがあり、銀行は審査が厳しいことがデメリットとされていますが必ずしもどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得ということはありません。

消費者金融のおまとめローン、借り換えローンは追加融資ができないのに対し銀行はフリーローンが多いため、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。

おまとめローンとは何件もの金融業者から借り入れている人が既に借り入れているローンを一括返済するために新たに借り入れるためのローンです。

複数の金融業者からお金を借りれいると返済日が何回もあるので残高の管理が大変です。

金利面でも低い与信枠のほうが利率が高くて不利なので複数のローンをまとめたほうが利息を下げられるかもしれません。

しかし、おまとめローンの利用希望者は多重債務者なので審査に通りにくいということも事実です。

金融機関の中にはおまとめローンという商品を掲げているところもありますのでそのような商品を探した方が賢明です。

住宅ローンで融資を受ける際にカードローン利用者は不利になるという話を聞きますが返済負担率に問題が無いようであれば、不利になるとは限らないという話もあります。

そうはいっても、お金に困っているからカードローンで借金をしているということは明白ですから住宅ローンの審査までにカードローンを解約しておくことをおすすめします。

引用:オリックス銀行おまとめローン審査は?年収で制限?【評判口コミ】

ちなみに、多重債務者の方はオリックス銀行のおまとめローンを利用して借入先を1本化することが最優先です。

おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンは不利になると思っている人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞りなく返済をしていれば、きちんと返済する人という実績となりプラス評価となります。

しかも、住宅ローン利用者には優遇金利が適用されたりもしますので優良顧客という自信がある人は同じ金融機関で住宅ローン審査を受けることをおすすめします。

銀行にはおまとめローンという商品は意外と少なく借り換えローンやフリーローンというサービスのほうが一般的です。

銀行は総量規制という上限がないので銀行の与信枠内なら追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付になりますので、返済専用となります。

又、銀行のフリーローンなら、事業用資金以外であれば使い途は自由なのですが消費者金融のおまとめローンは、貸金業の返済に限ったローンとなります。

銀行のおまとめローンは、低金利で高額融資が特徴的ですが一方の消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行と比較すると見劣りするのは否めません。

ですが、消費者金融は銀行よりも断然審査に通りやすいとされていますし審査結果や融資までの時間が圧倒的に早いというメリットもあります。

おまとめローンに申し込んでみたものの審査に落ちたという人はいませんか?その原因を明らかにしなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちる可能性があります。

おまとめローンの審査項目には年収や勤務先、勤続年数、借入件数などの項目があり、これら全て問題が無いと判断されれば審査を通過することができます。

年収は当然多い方が有利になりますが、審査において肝心なことは借入総額とのバランスで借り入れ額がある程度までであれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと有利になり個人事業主やフリーター、入社1年未満だと厳しい評価になってしまいます。

個人信用情報は過去の借り入れ等を審査される項目で過去に自己破産を経験していたり返済の遅延があった人などは厳しく審査されることになります。

マイカーローンというのは5年から7年にわたる返済期間になりますので、ショッピングローンとしては長い方ですが自動車そのものが高額ですから毎月の返済額が高くなるのは避けられません。

その間に転職などで収入が減ってしまうと毎月のローンの負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むということも考えなければいけないかもしれません。

銀行の提供しているおまとめローンであればそれも1つの方法といえますが消費者金融のおまとめローンは、マイカーローンの返済に使えない可能性があります。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの借入れを1本化するためのものなので銀行から融資を受けたマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

信販会社のマイカーローンで、キャッシング枠ということであれば対象となりますがショッピング枠でローンを組んだ場合、利用することはできません。

おまとめローンの申し込みで一番手軽な方法はweb完結というインターネットを使った手続きです。

ローン手続きを他人に見られるのは気まずいと思う人には最適ですし夜中や早朝でも、自分の都合が良いタイミングで申し込むことができます。

web申し込みとweb完結は違うために注意が必要ですが契約手続きまで行う事ができるのはweb完結です。

web申し込みはネットで申し込み手続きができるだけなので契約は店舗に出かけたり必要書類を郵送するという方法になります。

web完結なら手続きがお手軽カンタンなだけでなく電話での意思確認なども原則的にはないので安心です。

おまとめローンというものは複数の借入れを1本化することで毎月の返済額や利息の負担を軽くできるというメリットがあります。

しかし、利息や返済金額を抑えることができても自分に合った返済方法でなければ、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンにしても元本は変わらないので毎月の返済額を引き下げるとなると返済期間は長くなります。

返済期間が長くなれば支払う利息も増えますので返済する総額は、おまとめする前より多くなることは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは追加融資を受けることはできませんが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いため、追加融資を受けられるメリットがある一方、借入額が増えるリスクも含んでいます。

消費者金融大手のアコムにはおまとめローンに使える借換え専用ローンがあります。

消費者金融カードローンは年収の1/3を超える融資はできませんがおまとめローンのように利用者のメリットが明確な場合は例外貸付が適用されます。

総量規制が適用されない例外貸付とは貸金業からの返済にだけ利用することができます。

アコムのカードローンに比べて借換え専用ローンは300万円と低めの限度額ですが借換え専用ローンの金利は一般向けローンよりも高い設定です。

融資金の使い途は消費者金融などの返済に限定されておりクレジットカードのショッピング枠の返済に使う事はできません。